会社沿革

創業者

武久忠好 大正14年12月20日生

昭和15年各務原陸軍航空廠入隊後発動機部門に配属され、戦闘機の整備など各種の教育を受ける。

戦後その能力を生かし、エンジンの再生販売を始める。

 

ライン.jpg

1951

自動車整備用機器並びにテスター類の修理

およびアフターサービス工場として

「発動機工業株式会社」発足

1.jpg

 ライン.jpg

1962

社名を「自動車整機工業株式会社」とする

リモコン操作の給排油、

送水空装置付メカニカルピットシステムを開発

2.jpg

ライン.jpg

1963

大垣工場完成

ライン.jpg

1965

ワークコントローラー(作業管理機)開発

ライン.jpg

1967

廃油公害対策処理機としてDUFヒーティングプラントを開発

ライン.jpg

1974

最初の車両下部洗浄機ロボットワッシャーを開発

3.jpg

ライン.jpg 

1975

NACSシステム(前送りコンベアー方式車検整備システム)を開発

4.jpg

ライン.jpg

1980

不動産の賃貸売買・管理会社「有限会社タケヒサ」設立

ライン.jpg

1982

新社屋完成

DSC_0007_low.jpg

ライン.jpg

1986 

武久盛聿 社長就任

ライン.jpg

2015 

武久央彦 社長就任

ライン.jpg

2017

大垣工場より本巣工場に移転

3.JPG

 

 ライン.jpg